1. ダンボール箱

段ボール箱は日本工業規格JIS Z 0101で定義されている外装資材の1つであり、その強度は構成により異なります。

構成と分類 段ボール箱は、ライナーと波形の段を形成する中しん(フルート)との貼りあわせにより構成されています。段ボールの構成と分類は①~④の通りです。

段ボールの構成

以下、図表によりご確認をお願いします。

ダンボールの構成

段(フルート)の分類

A段 B段 C段
段数(※1) 34±2 50±2 40±2
段の高さmm 4.5~4.8 2.5~2.8 3.5~3.8
形状 形状A段 形状B段 形状C段
強度 1 3 2
特徴 (1)強度がある為、内容物の保護性が高い
(2)国内のカートンの80%を占める
段数が多い為、ライナーの凹凸が減り印刷が綺麗に仕上がる(微小印刷に適する) (1)A段より少ない原紙の使用量でA段と同等の強度を有する為経済的
(2)米国のカートンの60%を占める。日本でも今後増える見込み

※1 段数とは、30cmあたりの段(山)の数を指します。

ライナー

ライナーの材質は、1㎡あたりの原紙の重さによって決まります。

重さが重ければ重いほど、紙の厚みが増し強度が上がります。

材質の強度と単位
K5 170g~180g/㎡
K6 210g~220g/㎡
K7 270g~290g/㎡

※JIS規格は、グラム数まで規定していない為、グラム数は、メーカーによって異なります。(各メーカーの裁量による)

段ボールの種類

段ボールの種類 フルート 形状
両面段ボール A/B/C 形状A段
被両面段ボール A・B 形状B段

※被両面段ボールは、温度が上昇するような場所や、湿気の多い場所で保管するなど、水けの出やすい商品に使用されることが多いです。

上記の通り、段ボールは、中しんやライナーの組み合わせにより、強度や厚みが変わります。内容物を保護する為にも、各商材に見合った箱が必要とされます。低温品用には、A段K7、C段K7、A・B段K6、B・C段K5がお勧めです。

推奨底面サイズ(外寸)

T12、T11パレットに無駄なく積付ができ、効率が良く、しかも積付強度が高いので、新規にダンボールケースをつくられる場合に推奨します。

1. 30㎝×20㎝=0.06㎡
40㎝×30㎝=0.12㎡
60㎝×40㎝=0.24㎡
2. 32㎝×25㎝=0.08㎡
50㎝×32㎝=0.16㎡
3. 35cm×25cm=0.0875㎡
4. 45cm×30cm=0.135㎡